◇共福の思想
 ―地球時代の「フランシスコ的革命」を求めて―
著 者:金 泰昌
内 容:日本的価値のゆらぎの時代に韓国思想界の重鎮が語りおろす、経済的価値優先から生態価値優先への革命的転換への勧め。


…………………………………………………………
発  行:GEC出版
発売年月:1992年10月
価  格:1,600円(送料当方負担)
単 行 本:211ページ

◇ピーターバーグとバイオリージョナリズム
著 者:ピーター・バーグ/井上有一・宇野田陽子訳
内 容: バイオリージョナリズム(生命地域主義)の提唱者ピーター・バーグ氏の論文を冊子にまとめました。「環境の世紀」といわれる今、私たちに重要な「環境と共生のまちづくり」に役に立つ一冊です。1995年の初版に事例を加えた改訂版です。

…………………………………………………………
発 行 所:グローバル環境文化研究所(GEC)
発売年月:2001年5月
価  格:500円(送料別途)

◇あきらめたら あかん
編 纂:おおさかの消費者運動 刊行フォーラム
内 容:戦前から、全国に先駆けて、独自の運動を展開してきた大阪の消費者団体のあゆ みと活動状況をまとめた冊子で、大阪で活動してきた団体を5期に分けて紹介。行政や企業も含め様々な立場の人からのメッセージをはじめ、もの不足パニックなどを「忘れ得ない消費者問題」として記している。

…………………………………………………………
発 行 所:グローバル環境文化研究所(GEC)
発売年月:2002年8月
価  格:500円(送料別途)

◇あきらめたら あかん partⅡ
編 纂:おおさかの消費者運動 刊行フォーラム
内 容:あきらめたら あかん―情熱と知恵を働かせた大阪の女性たち」の出版から10年、大きな社会変化の中で、消費者運動にも新しい動きが出てきた。国の消費者行政一 元化、NPO法制化により、食や環境問題を専門に扱う団体、ネットワークによる動きも活発化してきた。刊行フォーラムを再結成して編集中に東日本大震災が起こり、これまでの生き方、暮らし方の大転換を求められる。この10年の団体の活動をアンケート調査でまとめた冊子で、識者のコメントも記 している。

…………………………………………………………
発 行 所:グローバル環境文化研究所(GEC)
発売年月:2011年11月
価  格:500円(送料別途)
 

 

●申し込み方法……………………………………
 ご希望の書名、冊数を郵便振替用紙にご記入のうえ、
  口座番号:00920ー0ー96756
  口 座 名:GEC あてにご送金ください。

 

      


このサイトに関する問合せは下記の連絡先へお願いします Copyright ©2010 adagio All rights reserved
<連絡先・所在地> 〒541-0046 大阪市中央区平野町3-1-7 セントラルビル 4F(アクセス
          TEL:06-6222-3261 FAX:06-6222-3262  e-メール officegec@adagio.ocn.ne.jp